地球 「ぼくと、そして一人ひとりにできること」 (1)_edited_edited.jpg

​公演決定!

ミュージカル「地球 - ぼくと、そして一人ひとりにできること」
2021年11月19日(金)
​相模女子大学グリーンホール 多目的ホール
文化庁協力公演・(株)mid A 主催


お待たせいたしました!ミュージカル「地球-ぼくと、そして一人ひとりにできること」、
情報解禁となりました。
オーディションの結果、当初の​キャスト空気役、バレエダンサー、コーラスに加え、
急遽、台本に星役、昆虫(蝶々)役、動物(兎)役を追加して、キャストが決定しました!
ジュニアキャスト総勢17名、望月良太指揮による楽団チームの生演奏で
一度限りのオリジナルミュージカル公演が開演します!


 

Story

ミュージカル『地球-ぼくと、そして一人ひとりにできること』

『地球–ぼくと、そして一人ひとりにできること』は、

私たちが生きる場所、地球にとって大切なこと、そして一人ひとりにできることは、簡単なことなのに難しい、

だけどきっとできる、一人ひとりの小さな力が大きな力となって地球を守っていくという希望をテーマに、

歌、ダンス、演技のミュージカルで表現します。

主人公、『ぼく』は、少しわがままで、つまんないが口癖の寂しい子どもだった。

ある日『ぼく』は、地球の自然(空気、水、大地、植物、光)の妖精たちとの遊びを通して地球の脅威を知り、

ルールを学び、自然の大切さに気づき、地球にとって自分ができることを考え、

「ぼくにもできる」希望を見つける物語。

演出・脚本・振付

齋藤有衣

​Arii Saito

4歳より昭和音楽大学付属バレエ教室にてクラシックバレエを始める

洗足学園音楽大学音楽学部ミュージカル科卒業

モデル活動をしながら天使バレエ教室、Youth Theatre Japan(ミュージカル劇団)にて指導

Angel Familiar バレエ・ダンス・ミュージカル教室(エンジェルファミリア)2014年9月オープン

2017 年に相模大野カルチャースクール、2021年6月さがみ野ダンススタジオをオープン 年に1~2回、発表会やワークショップを開催

地域でのイベントやダンスコンクールに積極的に参加

ダンスコンクール・ミュージカルコンクールの出場指導をしており、最優秀指導者賞も2度受賞している

数々のミュージカルの演出・振付、オリジナル作品の脚本・作詞をしている

2019年1月 株式会社mid A 設立 現在、代表取締役

​作曲

佐久間菜奈

​Nana Sakuma

 

東京音楽大学楽器(ピアノ)専攻 卒業

2016年9月Angel Familiarバレエ・ダンス・ミュージカル教室にて就業

Angel Familiar代表でもある齋藤有衣が作詞、佐久間が作曲の作品を多数手掛ける

今までにミュージカル作品は5作品の作曲を担当

クラシックからPOPまで、様々なジャンルの曲を生み出している

文化庁協力公演

主催・・・株式会社 mid A

主演・・・劇団 Angel Landmark 

演奏・・・各地で活躍するプロ演奏家

撮影・・・Umi Fukuma

協力・・・

会場:相模女子大学グリーンホール・多目的ホール 

照明・音響:株式会社ディマージ 

ビデオ:株式会社point zero

配信:渡辺拓也

撮影:Umi Fukuma

文化庁