森田悠介3.jpeg

森田悠介 Yusuke Morita​

ベース 

音楽家/作曲家/編曲家/ベーシスト

 

1988年1月13日 兵庫県西宮市生まれ

 

幼少期よりRock、Pops、映画音楽、ゲーム音楽などに強い衝撃を受ける。

ドラムやギター、DTM、トロンボーンなど様々な楽器を経て、高校時代よりベースを始めJazzや

作編曲も独学で始め、ジャムセッションにて腕を磨く。 

 

​2016年東京音楽大学・作曲指揮専攻に入学、

エレクトリックベースを鳴瀬喜博氏(CASIOPEA 3rd)に師事。

在学中よりゴスペルバンドへのツアー参加や、インターネットがきっかけで

ウィーン出身のクラブDJ・プロデューサーとの制作を開始。

様々なダンスミュージックを吸収し、メジャーアーティストのレコーディングや

アレンジャーとしてのCDデビューも経験。

 

​大学卒業後に参加したピアノトリオ ai kuwabara trio projectでのベーシスト、

自主制作での作品の共同プロデュース、自主ライブ活動、youtube展開を経て国内やアメリカ4都市

(サンフランシコ、ロサンゼルス、デンバー、アラスカ)のツアー、東京JAZZ(国際フォーラムホールA)を

はじめ様々なジャズフェスティバルに出演。

2nd album “THE SIXTH SENSE”がJAZZ JAPAN AWARD 2013 “new star賞”を受賞。

​2013年にパリにて、ジョン・マクラフリンのトリオのベーシストでもあった

ドミニク・ディ・ピアッツァ氏に師事。

また、自身の作曲による大編成の弦楽、ジャズ、エレクトロニックミュージックをミックスした

プロジェクト”CHEEZENESS”もセルフプロデュースし、soundcloudがきっかけとなり2014年に

デンマークのインディーレーベルより[1st cheeze-ness plus α]をリリース、

いち早くサブスクリプションサービスSpotifyなどで配信開始。

(現在は CHEEZNESS に改名)​

 

2018年夏には単身で6弦ベース1本を持ってスペイン、スイス、ドイツ、デンマーク、

オランダを巡る旅に出る事で、さらなる音楽性を獲得。

​帰国後はLittle Black Dressの楽曲のアレンジャー、音楽監修を務めMISIA平成武道館への出演など、

様々なメジャーアーティストの作編曲に至るまでジャンルを超え活動は多岐に渡る。

Adamovic  (オランダの楽器メーカー)

 

Markbass (イタリアのベースアンプメーカー)

 

Vintage Face(日本の楽器機器メーカー)

 

使用アーティスト。

 

徳永兄弟と出会いフラメンコに触れ、2018年には6弦ベース1本でスペインやスイス、ドイツ、

デンマーク、オランダを巡る。国際的な活動の経験を活かした自身の制作活動から様々な

アーティストのサポート、映画音楽やアニメ作品にも携わる。

 

よんちゃシェアオーナーとして月一でチーズネス食堂を展開。

 

Twitter→@bassyusuke